男性の結婚観:応用編

◆ もくじ ◆

男性が好むという女らしい家庭的な女性とは、具体的にどういう意味なのでしょうか。また、逆に敬遠される女性とは?男性が持っている結婚願望を正しく理解しておきましょう。

家庭的な女性が好まれるワケ

結婚願望のある男性に「理想的な女性」は、ときくと、よく返ってくるのが「家庭的な人」という言葉です。言葉が独り歩きしている感もありますが、この「家庭的な人」というのはどんな人なのでしょうか。

女性は結婚によって家庭に入り、(仕事を続けながらでも)家事や育児を担当するようになることが大半です。いっぽうで、男性は外に働きに出て、家族を養うお金を稼ぎます。これが、一般的な結婚生活のスタイルです。

男性は、こうした家庭を築ける女性を好む傾向があります。それが言葉になったのが「家庭的な人」というわけです。これは決して、家庭に入ったままになってしまう女性を好む、というわけではありません。安心して家庭を任せられる人がいい、という意味です。

結婚する前から家庭的な雰囲気を持った女性というのはいます。ちょっとしたことで人のめんどうを見る女性などがそうですね。こうした女性は、結婚後の生活をイメージしやすいので男性に好まれて、いわゆるモテる状態になりやすいといわれています。

ページのトップへ ▲

男性に敬遠されやすい女性とは

女性にとって「こんな男性とは結婚できない」という条件があるように、もちろん男性にも一定の基準があります。

男性は、家庭的な女性を結婚相手として好む傾向があります。逆にいうと、家庭的でない人は好まない傾向があります。もちろん全員がそうではありませんが、社会人として一定の地位を築いている人ほどそう思うようです。仕事は自分がするから家庭を任せたい、というわけですね。

それ他、最近ちょっと問題になっているのが浪費癖のある女性です。ショッピング依存症といわれるそうですが、よほどのお金持ちでない限りは、この浪費癖のせいで家計が破綻してしまいます。そのため、男性は敬遠してしまいます。結婚前にお相手の女性の金銭感覚を気にする男性が多いのも、こういった事情があるのかもしれません。

また、結婚とは夫婦それぞれが自分の「持ち場」を守って家庭を築いていくものです。働きに出て家族を養う人と家庭を守る人、それぞれの協力がないと成立しません。全てが片方にのしかかっている家庭は長くは続きません。そのことは男性も承知しているので、やはり、仕事も家事もどちらもしない女性は敬遠されます。

ページのトップへ ▲

結婚相手の女性に求める女らしさ

総じて、男性は女らしい女性を好む傾向があります。では、男性が好んでいる「女らしい」とはどういう意味なのでしょうか。

女性には、子供を育てる母性本能があります。男性は女性にこの母性を求めていることが多く、一般に、自分の母親がモデルになっているといわれています。これがひどくなるといわゆるマザコンですが、全体的に、母性のモデルとして母親の影響を受けているそうです。

自分のことを案じてくれて、めんどうを見てくれる女性…これが母性を持った「女らしい」女性となるわけです。

それを表現する方法はいくらでもあります。手料理を食べさせてあげる、体調が悪いときに看病してあげる…そうした女性に魅力を感じない男性はおそらくいないでしょう。

ページのトップへ ▲

「負け犬」の女性は何が「負け」?

30歳を過ぎても結婚していない独身女性のことを「負け犬」と呼ぶことが、少し前に流行語となりました。私自身はあまり良い言葉ではないと思いますが、いったい何が「負け」なのでしょう?

30歳になって結婚していないことが負けということなら、既に結婚している人は勝ちになりますが、これは一概にはいえません。結婚しても、後悔ばかりしていて幸福ではない毎日を送っている女性が勝ちだとは思えませんし、それならば独身のほうがまだ幸せでしょう。

それでは、負け犬という言葉に代表されるように、「女性は30歳までに結婚すべき」という考え方があるのはなぜでしょうか。

brain plus iq . rushessay それは、30歳代になって結婚していない女性を、男性が結婚相手として選ぶのに尻込みすることがあるからです。30歳になって独身の女性というのは、自分の仕事やライフスタイルにおいてひとつの基盤ができ上がっていることが多いのです。そのせいで、男性の入り込む余地がないように思えたり、結婚して生活を変えることを拒絶するのではないか、という印象があるからです。

ですが、晩婚化が進んだ現在、30歳を過ぎてからの初婚は全然珍しくありません。男性から好かれるよう積極的に努力している女性は、20歳代の人とほとんど同じように結婚相手を探すことができます。どうしても30歳までに結婚せねば、とあせる必要は全くないでしょう。

ページのトップへ ▲

男性に結婚願望はあるのか

結婚適齢期になった男女を比較したとき、ひとついえることがあります。それは、「男性は女性ほど結婚願望が強くない」ということです。年齢を重ねると男性の結婚願望は強くなりますが、少なくとも結婚適齢期に差しかかった年齢では、女性のほうが結婚願望は強いでしょう。

独身のほうが時間もお金も自由になりますし、無理して結婚しなくても十分楽しいと思っている男性が多いからです。

それでも結婚する人がいるということは、時間やお金の自由と引き換えにしても得たいものがあるからです。そこまで好きになれる女性と出会えた、というのが最も多い理由だと思います。加えて、男性には、自分の棲家(すみか)を作りたいという本能があります。そして、その棲家を守って発展させたいと願っているのです。

結婚とは、まさにそんな棲家を作ることであり、その棲家を発展させるという、やりがいのある大仕事なのです。独身の男性は、ふさわしい相手が見つかれば、現在の自由と引き換えにしてでも結婚したいと常に願っているのです。

ページのトップへ ▲

Copyright © 2006 結婚相談所のプロ直伝!結婚したい女性と男性のためのネット無料講座. All rights reserved
Sitemap