男性の結婚観:基本編

◆ もくじ ◆

男性はどのような結婚観をもっているのでしょう。結婚相談所を訪れる男性の中にも、女性の年齢や容姿を気にする人が多数います。が、表面的な要素だけで女性を判断しているわけではありません。

男性が結婚に抱く夢

独身男性が結婚に抱いているイメージは、年齢によって大きく変わるようです。

まだまだ若く、遊び盛りの年齢だと、結婚は「年貢の納めどき」だと考えている人がほとんどです。これが、年齢を重ねるごとに結婚が現実味を帯びてくるようになり、考え方が変わります。いわゆる結婚適齢期といわれる20代後半にさしかかると、結婚したいという願望が生まれるようになります。

important source 結婚したいと思うようになった男性が結婚に求めることは、安らぎや生活の安定といったものでしょうか。男性は女性とは違った角度から結婚に夢を抱いています。子供ができたらこんなことを教えたい、結婚を機にマイホームを購入したい、一家の主としてさらに成長したい…。女性とはまた違った夢ですね。

本当は男性も結婚したいのです。そして、結婚に対するいろんな夢を男性も持っているのです。あとはステキな出会いに恵まれるかどうか、そしてその出会いをモノにできるかどうか。結婚に向けて、男性の努力や悩みも尽きません。

ページのトップへ ▲

結婚相手の女性の年齢

結婚したいと思っている男性の中には、お相手の女性の年齢に注目している人が多いといわれています。「女房と畳(タタミ)は新しいほうがいい」という言葉もあるように、男性はとかく若い女性にひかれるものです。

ところが、ここ10年でこの傾向が大きく変わってきているのをご存じでしょうか。かつては年下の女性と結婚するのが半常識のようになっていましたが、最近では年上の女性と結婚する男性が急増しているのです。2004年の統計によると、4組に1組が「姉さん女房」です。

女性が強くなって男性をリードする人が多くなったからだ、とする意見もありますが、それだけではないでしょう。年上だからといって、女性が男性をリードできるとは限りませんし。

最近の女性は年齢を重ねてもそれ外見に表れることが少なく、ほとんどの人が年齢よりも若く見えます。そのため、男性が年齢をそれほど気にしなくなったこともあるでしょう。

また、価値観が多様化した結果、女性の年齢でなく内面的な魅力にひかれる男性が多くなったということも一因です。

ページのトップへ ▲

結婚相手の女性の容姿

男性が結婚相手に求めるものとして、常に年齢とともに上位に登場するのが容姿です。特に面食いといわれるような人でなくても、容姿を気にする人は多いと思います。

同じことが女性にもいえるのですが、これは、実は生物学上説明のつくことなんだそうです。自分の子供の容姿が美しくなるように、美しい遺伝子を持った人と子孫を残そうとする本能だといわれています。

それでは、容姿に自信のない人は結婚できないのでしょうか?

そんなことはありませんね。現在では価値観の多様化によって、容姿端麗だとされる人が一様ではなくなっています。他の人が何と言おうとも、結婚相手の男性にとっては好みのタイプ、ということがよくあるのです。交際中のカップルにも同じ傾向が見られます。

容姿に自信のある女性はもちろん、自信のない人にとっても、そんなあなたを美しいと言ってくれる人は必ずいるのです。

ページのトップへ ▲

結婚相手の女性の職業

女性が男性に対して思うほど強くはありませんが、男性も結婚相手となる女性の職業に注目しています。昔から女性看護師さんや飛行機の客室乗務員は男性のあこがれでしたが、現在はどうでしょうか。

「白衣の天使」や「あこがれのスチュワーデス」というのは最近ではあまり聞かなくなったものの、男性によっては、特定の職業の女性に魅力を感じている人もいます。

あこがれの職業以前に、男性は、ある程度の社会人経験を女性がもっているほうがよいと思っています。社会人経験があるということは、男性が結婚後も続けていく仕事に対して理解が得られやすいからです。

また、結婚後も続けていけるような仕事を持っている女性であれば、収入面で結婚生活を安定させてくれますから、そういった女性を希望する男性も多くなっています。

ページのトップへ ▲

結婚相手の女性の価値観

女性は結婚相手の男性に対して、自分と価値観が同じか、近いほうがいいと考えています。それと同じように、男性も結婚相手の女性に対して、価値観が近いほうがいいと考えている人がほとんどです。

価値観の相違は夫婦間に溝を作ってしまいますから、そう考えるのも当然でしょう。ただ、男性が求めている「価値観の一致」というのは、ちょっと意味合いが違うようです。

これは人にもよるのですが、「俺について来い」というタイプの男性なら、自分の価値観にお相手の女性が合わせてくれることを願っています。が、そんな亭主関白が通用しなくなった現在では、そう願いつつも、口に出す人は少ないようです。

口に出すことは少なくても、総じて男性にはこの傾向があります。そのため、女性の側としては完全に合わせるのは無理でも、ある程度は男性の価値観を理解してあげると、男性は非常に好感を持ちます。

ページのトップへ ▲

Copyright © 2006 結婚相談所のプロ直伝!結婚したい女性と男性のためのネット無料講座. All rights reserved
Sitemap