結婚のメリット:基本編

◆ もくじ ◆

結婚したカップルが、「結婚してよかった」と心から幸せを感じるのはどんなときでしょう。ここでは、私自身の経験も交え、結婚相談所でめでたくゴールインした方々の報告をもとにお話いたします。

結婚してよかったと思うとき

結婚は人生の墓場、結婚は永久就職…結婚にまつわる言葉には、こんなネガティブなものもあります。中にはそんなに嫌なら結婚しなければいいのに、と思えるような意見もたくさんあります。

ですが、多くの人が結婚する人生を選びます。

日常的に不平不満を言っていても、それを補ってあまりあるほどのものが得られるからでしょう。結婚生活に対して不平不満ばかりを言っている人に対して、「結婚していなければそんな不満も言えないのです」と諭した言葉がありますが、まさに言い得て妙ではないかと思います。

日ごろは不満の多い結婚生活だったとしても、「これがあるからやめられない」という出来事によって元気付けられ、また結婚生活を続けていけるのです。

それでは、「結婚してよかったと言えるとき」というのはどんなときでしょうか。ここでは、さまざまな場面で考えてみることにします。

ページのトップへ ▲

赤ちゃんの誕生

結婚したカップルが最大の出来事として受け止めているのは、間違いなく赤ちゃんの誕生でしょう。何しろ、これまで存在していなかった命が新しく誕生するのですから、多くの人が神秘的なものを感じるそうです。

女性は子供ができたことで母親としての自覚が芽生え、人が変わったようにしっかりするといいますし、男性は父親としての自覚を持つようになり、社会人として成長するといいます。

また、ふたりだけだった家庭に新しい家族が増えることによって一気に明るく、にぎやかになります。これは、子供にしかできない大きな力だと思います。

赤ちゃんは手間もお金もかかるものですが、多くの夫婦は赤ちゃんが誕生したときに「結婚してよかった」と思うのです。

「子は鎹(かすがい)」というように、子供は夫婦の絆をさらに強く結び付けてくれます。誕生した小さな命のためにもふたりでがんばろう、と誓ったときにこそ、「結婚してよかった」と言えるのではないでしょうか。

ページのトップへ ▲

子供の成長

赤ちゃんに恵まれた夫婦にとって、子供の成長は大きな楽しみです。生まれたばかりの頃は言葉をしゃべれず、自分で歩くこともできなかったのに、しだいに言葉を覚えて自分で歩くようになります。

結婚した夫婦にとって、こうした命の成長は無条件で楽しいものです。そして、子供の成長は後戻りすることはありません。日に日に新しいことを覚えて、新しいことができるようになっていくのですから、感動することもしばしばです。

私自身の経験では、それまで自分で目覚めることのなかった娘が、ある日突然、朝になって自分で目覚めてきて、「おはよう」と言った時に感激したのをよく覚えています。

親は子供を育てている、という感覚になっていますが、実は、子供の成長によって親も成長しているのです。子育てを経験した人を人間的に成熟しているように感じるのは、大きな仕事を成し遂げたからでしょう。

ページのトップへ ▲

何事にもがんばれるようになる

結婚生活は楽しいことばかりではありません。それまでは親がやってくれていたことも自分たちでしなければいけませんし、子供を持つことによって生まれる責任もあります。

世の中の夫婦は皆、それを乗り越えているのです。そのために男性は仕事に精を出し、女性は子育てに奮闘しているわけです。(もちろん、その逆もありますし、共働きの夫婦もあります。)

体力的にも疲れることが多いですが、何も悪いことばかりではありません。結婚して家族を持つようになると、それまではなかった「力」が発揮されるようになるのです。

独身時代は頼りないという印象を持たれていた人が、見違えるようにしっかりとした大人になります。結婚して家族を持つことにより、これまでになかった力が生まれて、あらゆることにがんばれるようになります。

このことを実感している夫婦は多いようです。これは、自分を成長させるという意味でも大きな財産となるでしょう。

ページのトップへ ▲

ゆとりを持つようになる

結婚すると、自分の家ができます。それまでも親元やひとり暮らしの家はあったでしょうが、所帯を持つと「家」の意味が大きく変わってきます。そこはまぎれもなく、自分たちで築いた家なのです。

結婚願望が強かった人が結婚すると、もう結婚について悩む必要はありません。他にも、結婚することによって解消される悩みはたくさんあります。

結婚は心にゆとりを持たせてくれるのです。心だけではありません。結婚することによって仕事や収入が安定する人も多く、結婚はあらゆる意味でゆとりを与えてくれます。

独身時代と違って、人生の目標が明確に定まりますから、物事に対する考え方にもゆとりを持つようになります。

ページのトップへ ▲

社会的信用が得られる

現在では、そこまでうるさく言われることはないものの、かつて、独身の男女が交際するというのは、どことなく罪悪感のあるものでした。なぜかコソコソとする風潮があったものですが、そのふたりが交際を実らせて結婚すると、状況は一変します。「仲むつまじい夫婦」として周囲から評価されるのです。

このことからもわかるように、結婚には、その人の社会的な信用を高める効果があります。女性においては(少し語弊があって恐縮ながら)「行かず後家」「売れ残り」などと揶揄(やゆ)されることはありませんし、また、男性の場合は仕事の出世にも大きく影響します。

大企業、特に大手銀行などの金融機関や官公庁などでは、結婚していないと出世が止まってしまうことすらあるのです。

「結婚できたのだから、それなりの評価をしてもいい人だ」という価値観は、今でも日本に根強く残っています。そのことの是非はともかく、結婚によって大きな社会的信用を得られるのは間違いありません。

ページのトップへ ▲

好きな人を独り占めできる

「結婚してよかったことは?」という問いに対して、一番情緒的に語られる部分です。好きな人と交際できて、そのまま結婚にまで至ったというのはこの上ない幸福です。

個人的にはもっと上位にランクインして欲しい項目なのですが、それほど順位は高くありません。ですが、常にランキングに登場する「常連」でもあります。

好きな人と結婚できた、というだけなら普通なのですが、ここでいう「独り占め」というのが大きな意味を持っています。結婚のお相手がどれだけモテる人だったとしても、結婚できるのはその中のひとりだけです。

いわゆるモテる人と結婚した人は、このことに幸せを感じることが実に多いそうです。人がほしがるものほど独占したい、という人間心理がそうさせるのでしょうか。

ですが、その高い競争率を勝ち抜いて結婚できたのは、まぎれもない事実です。このことも、結婚によって感じられる幸せのひとつだと思います。

ページのトップへ ▲

親孝行ができる

結婚とは最大の親孝行です。自分たちの子供が結婚適齢期になると、親は、合言葉のように「結婚はしないのか」と尋ねます。親にとっての子供とは、結婚して初めて一人前になるという感覚があるためです。

また、適齢期を過ぎても結婚していない子供がいる場合は、周囲からの視線という心配も加わるようです。世間体というやつです。

世間体のために結婚するのは本末転倒ですが、子供が結婚することによって、親も幸せを実感するのです。結婚して子供が誕生すると、親にとっては孫の誕生です。それによって、家庭内は一気に雰囲気が明るくなりますし、そのままだと老け込んでしまう親までが元気になります。

やはり、結婚は最大の親孝行といえるでしょう。

ページのトップへ ▲

人間関係が広がる

結婚すると、ひとつの世帯が生まれます。実家にいた頃も近所付き合いはあったでしょう。ですが、それは、あくまでも実家に住む親の人間関係です。

ひとり暮らしで住んでいたマンションに近所付き合いはありましたか?おそらくなかったことでしょう。ひとり暮らしはあくまでもひとり暮らしであって、世帯ではないのです。

ところが、結婚して世帯となると、近所を含めて人間関係が一気に広がります。さらに子供が誕生すると子供を介した人間関係がさらに広がり、その地域にすっかり溶け込んだ生活ができるようになります。

子供は成長にともなって幼稚園や保育園、さらに小学校へと進みます。それに伴って、子供の周囲から新しい人との出会いがあり、その中には一生ものの人間関係も生まれるはずです。

結婚が広げる人間関係、これは逆にいうと、結婚することによってしか広げられない人間関係なのです。

ページのトップへ ▲

結婚して得られる究極の幸せ

結婚はゴールインという言葉で表現されることがありますが、決してゴールではありません。結婚した時から新しい人生がスタートするのです。それでは、結婚の本当のゴールとはどこでしょう?

離婚したときはゴールではありませんね、あくまでも「途中棄権」です。結婚して一生一緒に暮らすことを「添い遂げる」といいます。この「添い遂げる」というのは、片方が亡くなってしまうまで結婚生活を続けることです。結婚の成功例としては究極的な姿です。

平気寿命を統計的に見ると、女性のほうが男性より寿命が長いので、男性が先に亡くなる可能性が高いです。そのときに、「この人と結婚してよかった」とお互いに思えることが最高ではないでしょうか。

ある有名な男性の芸能人が臨終の前に、妻に対して「お前と結婚してよかった」と語った話が大きく報道されていましたが、これこそが、結婚してよかったと言える究極の瞬間です。

そう言えるようにするためには、充実した結婚生活を送ろうとする日々の心がけが重要ですね。

ページのトップへ ▲

Copyright © 2006 結婚相談所のプロ直伝!結婚したい女性と男性のためのネット無料講座. All rights reserved
Sitemap