結納の基礎知識1

◆ もくじ ◆

結婚を前提にしたお付き合いが始まり、婚約したら、重要な役割を果たすのが結納の儀式です。地域によって風習が違いますので、ここでは一般的なパターンを示しておきます。だいたいのイメージをつかんでおいてください。
  • 結納とは
    結納は、婚礼にかかわる三大儀式のひとつとなります。
  • 結納の準備品
    結納をする場合には、前もって準備しておくものがいくつかあります。
  • 結納飾り
    結納飾りは基本的に仲人がセッティングします。仲人がいないときは男性側が取り付けます。
  • 結納時の服装
    結婚する当人どうしは、男性が略礼服(ブラックフォーマル)、女性が振袖です。
  • 結納金のめやす
    何よりも贈り主の気持ちが大事なので、経済力に見合った金額を贈ればよいです。

結納とは

結納とはその字の通り、両家が新しい絆で結ばれ、正式に結婚の約束をするという意味合いがあります。婚礼には、"結納の儀" "結婚の儀" "披露の儀"という三種類があり、結納はその中のひとつとなります。

結納を行う場合には、両家で話し合いの機会を持ちましょう。結納の慣習が、家や地域によって大きく異なるからです。

関東地方では、男女が結納を贈り合いますが、中部から西の地方では、結納は男性から女性へ贈るものとされます。大まかにみてもこんな違いがあるわけです。また、結納時の座り方も地域によって全く違います。さらに、正式な形で行うか、略式で行うかによっても服装や準備するものも変わってきます。

そのため、後でトラブルにならないためにも双方の話し合いが必要不可欠です。

一般に、結納を行うのに適しているのは「日柄の良い午前中」とされています。

最近では、結納にも種類があります。仲人を立てる「正式結納」という従来通りの結納に対し、近頃増えているのは、両家がホテルや料亭などで会い、結納を済ませるシステムのものです。また、家で済ませる場合は、結納を嫁方の家で行います。

以前は、結納品が多いほど結納飾りを大きくしていましたが、現在はそういうわけではなさそうです。

基本的に、結納は男性の居住区域のしきたりに合わせて進めてください。その中で、女性側の地域性も十分考慮したら大丈夫でしょう。

ここでは、結納の基本事項について順に解説していきます。

ページのトップへ ▲

結納の準備品

結納をする場合には、前もって準備しておくものがいくつかあります。

婿方が容易するものとして、男性は白扇が必要です。洋服のときはモーニング扇子です。婿方の母親には金銀扇子です。

また、結納袋を乗せる広盆、切手盆が必要です。その他、家族書、親族書、手みやげ(お酒やまんじゅうなど)、ご祝儀、車代、御前代、乾杯用の道具、念珠などが必要とされています。

嫁方が用意するものとして、男性は白扇が必要です。洋服のときはモーニング扇子です。女性には金銀扇子です。また、受書を乗せる広盆、切手盆が必要です。その他、家族書、親族書、受書、引出物、
ご祝儀、乾杯用の道具、掛け軸を準備します。

扇は各自が自分の膝元に置き、挨拶の際に使用します。手土産では、ようかんは「切る」ものであるため避けたほうがよいそうです。

ページのトップへ ▲

結納飾り

結納飾りは床の間の前に置きます。下に布を引くのを忘れないでください。スペースがない場合は、床の間の上でもだいじょうぶです。

結納飾りは基本的に仲人がセッティングします。仲人がいないときは男性側が取り付けます。和室がない場合は、入り口から遠いほうに飾り付けをします。

結納の飾りつけをする前に、まず仏壇でお祈りをしてください。

ページのトップへ ▲

結納時の服装

結婚する当人どうしは、男性が略礼服(ブラックフォーマル)、女性が振袖です。略装の場合、男はダークスーツ、女は訪問着かワンピースです。

父親は紋付袴、もしくはモーニングです。母親は留袖、略装では訪問着、付下げ、色無地です。

仲人の服装は、男性の場合は紋付袴です。女性の場合は留袖、略装の場合は訪問着、もしくは付下げ、色無地です。

付下げは、一般的に家紋などをつけていないものです。淡い色合いのものがよいでしょう。また、ネクタイは白ネクタイです。靴下は紺や黒の無地のものがお勧めです。

靴はひも付きのものが好ましいとされます。ローファーなど、紐のないものは略式となります。

また、服装は両家が同程度の服装にしておくほうのがよいとされています。前もって相談しておくのが確実でしょう。

ページのトップへ ▲

結納金のめやす

結納金のめやすは、月収の3ヶ月分といわれています。また、結納で一番多い金額は百万円だそうです。とはいえ、何よりも贈り主の気持ちが大事なので、経済力に見合った金額を贈ればよいです。また、現金にこだわらずに、記念となる品物を贈る方法もあります。

最近では、結納とともに婚約指輪を贈るケースも増えています。この場合は、結納と婚約指輪の合計額を考慮して結納額を決めます。また、結納金を省いてしまうことも少なくありません。

地方によっては、結納金の一割返しや半返しをするケースや、こういったことを省いてしまう地域もあるようです。いずれにせよ、これも前もって両家で相談しておくとよいでしょう。

ページのトップへ ▲

Copyright © 2006 結婚相談所のプロ直伝!結婚したい女性と男性のためのネット無料講座. All rights reserved
Sitemap