離婚を決意したら

◆ もくじ ◆

離婚の意味を考える まずはやり直しの努力を 離婚したい原因を探る 離婚前にゆとりをもつ 離婚前に別居してみる 離婚の種類 離婚後の苗字 財産の分配 慰謝料の請求 離婚をした私の場合 離婚の意味を考え...

離婚の意味を考える

結婚したら夫婦になります。離婚したら他人です。でも、本当に関係ない他人になるのではなく、「つながりを持ったことのある他人」に変わります。一度結婚したからには、家族や友人などとの付き合いもあり、全くの白紙に戻すのは不可能です。離婚したからといって、結婚の事実をなかったことにはできません。

子供のいる人には、親権や養育費の話し合いが待っています。慰謝料や財産分与が発生する場合は、離婚届けを出す前によく話し合いましょう。姓名を戻すか戻さないかも、これから先かなり重要です。

実家のご家族に離婚の事情を説明しましょう。会社にも報告しなければなりません。結婚式に招待した人たちにも、内緒にしないで伝えた方がいいかもしれません。ほとんどの人が協議離婚をしますが、離婚届には、婚姻届と同様に証人の署名が二人分必要です。

離婚を決意して、財産を分けて、住むところを決めて、報告して・・・。離婚は結婚よりもパワーがいります。結婚を前向きに進めていくのに対し、離婚は後ろ向きだと疲れますね。決意したのなら、まだ見えない未来にむかって前向きに離婚を進めていきましょう。

ページのトップへ ▲

まずはやり直しの努力を

ただなんとなく、結婚したままの方はいますか。今の生活に満足していないのですか。不満だから離婚・・・ちょっと待ってください。「結婚しようって言われたから」「幸せにするって言われたから」・・・相手のせいにするのはいけません。結婚を最終的に決めたのはあなたです。

嫌なら婚姻届提出しなければよかったし、勝手に提出されたのなら取り消すこともできましたよ。「知らなかった」年齢ではないですよね。

これから先は長いのです。現状の不満を書き出し、希望している結婚生活を見つめ直して見ましょう。
まずはお互いをよく知らないといけません。相手を理解する努力をし、自分の意見を少し抑えて発言してみたらどうですか?

怖がってはいけませんが、ただケンカするだけではなく、相手を受け入れることも必要です。自分を幸せにするのではなく、相手を幸せにしてあげるといった気持ちがお互い必要ですよ。

ページのトップへ ▲

離婚したい原因を探る

いつから離婚したいと考えるようになりましたか。ついさっき? 少し前? かなり前から考えてる人もいるかもしれませんね。ではなぜ離婚したいのか、その理由をお聞きします。

価値観の違い? 性生活の問題? 考え方の違い? 金銭的なこと? 子どもの問題? さまざまな理由があると思います。

もし、命にかかわったり、精神的に耐えられない状況の場合は、身近にいる人、相談所などに自分の置かれている環境をすぐに伝えてくださいね。あたりまえだと思っていたことが異常だった、なんてことがあります。

覚悟がないまま流されて結婚してはいませんか。結婚は楽しいだけではなく、時に相手や自分との戦いでもあるのです。結婚は逃げたり我慢したりすることではなく、ふたりがこれからよい家庭を作るのにがんばることです。衝突や妥協はありますが、がまんしてても何も変わりませんよ。

離婚したいと思う原因、決断する前にじっくり考えてください。

ページのトップへ ▲

離婚前にゆとりをもつ

自分の時間、十分に持てていますか?忙しくてそれどころではない方、それでもなんとか時間を作りましょう。朝早く起きる、おいしいお茶をゆっくり飲む、お風呂の時間に身体をいたわる、など。自分とゆっくり向き合う時間を持ちましょう。

相手と向き合う時間も持ちましょう。朝ごはんを一緒に食べるよう合わせたり、休みは一緒に出かけてみたり、外食もいいですね。一緒に何か行うことで、言動の理解につながると思います。

あなたが考えた原因は何でしょう?悪い癖でしょうか。それはもう絶対直りませんか?「違い」でしょうか。違いを楽しむことはできませんか?第三者でしょうか。その人を自分たちの範囲に入れないようにはできませんか?

まずは簡単にあきらめないで、冷静に分析してください。と同時に、解決法を探ってできる限りもがいてください。それでもダメだった場合、別れる準備を始めましょう。(日ごろから貯金をしておくと、いざという時に行動できますよ。)

ページのトップへ ▲

離婚前に別居してみる

離婚前に、別居をしてお互い離れて暮らすのもいいかもしれません。

誰かと暮らした後でのひとりの生活、寂しいものです。その中で、ただ寂しいから結婚したのか、大切な人だから結婚したのかが見えてくると思います。そしてお互い、ひとりの時間をうまく使えるようになれるといいですしね。

私の場合、別居生活を誰にも知られたくなかったので、賃貸を選びました。保証人が必要だったため、兄弟にお願いして名前を借りました。が、今はウィークリーマンションなどがありますし、費用も賃貸ほどはかからないと思います。

もちろん、実家に帰るということもできましたが、それではただの甘えになってしまいます。一度結婚して家を出たからには、孫もいないのに親を頼って戻ることはしたくなかったのです。何より、外野がうるさくて考える状況を生み出すことはできませんから。

もし、今の生活や相手に疑問を抱いてどうしようもなく悩んでる方、離婚する前に思い切って別居してみてはどうでしょうか?

ちなみに、私は電車で1時間半と遠くに住んでしまったので、その後、一度も夫に会わずにそのまま別れてしまいました。本当に別れるの目的なら遠いほうがいいですが、試すだけなら隣の駅までがいいですね。ご参考になれば幸いです。

ページのトップへ ▲

離婚の種類

いざ離婚を決意したら、まず、離婚の種類について法的に理解しておく必要があります。日本では、離婚には4種類あります。協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚と呼ばれています。

協議離婚とは、裁判所をや離婚原因に関係なく、夫婦が話し合って決める離婚のことです。特別何かするわけではなく、離婚届を提出したら他人になれます。ほとんどの方が夫婦で話し合って協議離婚してます。

調停離婚とは、協議離婚で決まらないときに、いろいろな問題を話し合い解決することです。家庭裁判所に離婚の調停の申し立てを行います。けれど、お互いが離婚に同意しなければ離婚は成立しません。

審判離婚とは、調停離婚で決まらないときに、家庭裁判所の判断と権限によって、審判により離婚を成立させることです。審判に持ち込む理由がないと成立しません。離婚が確定したら、10日以内に必要書類を役所に提出します。

裁判離婚とは、上記3つとも成立になかったときに、裁判で離婚訴訟を行って判決により離婚することです。弁護士に依頼し、法廷は公開されるため、精神的な疲労や費用を伴い、時間がかかります。

ページのトップへ ▲

離婚後の苗字

これは、結婚によって相手の苗字を名乗った場合の話です。日本では、女性が夫の苗字に変わることがほとんどですね。なので、主に女性が離婚したときのケースになります。

私自身、結婚した時、苗字が変わって不思議な感じがしました。慣れないけど、これが私の苗字になるんだと、証明書やカードの名義変更をせっせと行ったものです。

さて、離婚後は苗字を旧姓に戻すことができます。その場合は元の戸籍に戻る方法と、自分を筆頭とした戸籍を新しく作る方法とあります。「離婚しました」と暗に伝えてるようなものですが。

が、結婚後の苗字をそのまま名乗ることもできます。その場合、別れた相手の承認はいりませんが、原則として、離婚成立後、3ヶ月以内に提出しないといけません。

離婚届と、この上記の「離婚の際に称していた氏を称する届」は同時に提出することもできますが、大事なことなので、よく考えて決めてくださいね。

ページのトップへ ▲

財産の分配

離婚するときは、財産、つまり、今の住まいの家財道具や、現金、貯金、不動産や家や車のローンまで分けないといけません。結婚前に個人で所有していたものは(貯金・財産・家具・日常品など)、そのまま個人で所有しましょう。共働きだと、所得にかかわらず稼ぎの合計を半分ずつに分けますが、専業主婦(夫)だと半分の取得は難しいようです。

また、今の家にいっぽうが引き続き住むなら、引っ越す側にだけかかる引越し代や家電家具代、新居の費用を共同で負担します。そのことも頭に入れて現金を分けましょう。

ローンを組んでる持ち家の場合、離婚後も支払いはローン名義者に請求されます。ほとんどの場合は名義者がそのまま住み続けるか、売却して現金に換えるかです。勝手に売却されて、そのお金を持って逃げられた・・・なんてことがないように。

離婚する前に、財産分与の話し合いはきちんと行いましょう。

ページのトップへ ▲

慰謝料の請求

離婚の際、慰謝料は必ず請求しなければいけないものではないし、必ずもらえるものでもありません。慰謝料とは損害賠償金のようなものです。つまり、何かの損害を受けて離婚するときに受け取れるお金です。

借金・暴力・虐待・浮気などいろいろありますが、相手に離婚の原因がある場合のみ慰謝料を請求しましょう。

離婚の原因が特定できない場合や、夫婦お互いに原因がある場合は請求してももらえません。ただし、手切れ金のかわりに一方が慰謝料を支払うことはあります。離婚協議を長引かせたくなかったり、相手が離婚を望んでない場合などに有効です。

浮気をされた場合は、その第三者に対して慰謝料の請求が可能です。この不貞行為に対する慰謝料請求は3年以内なら行えます。すでに夫婦関係が破綻しているときは、請求しても難しいでしょう。

ページのトップへ ▲

離婚をした私の場合

これは私個人の体験です。

若くして結婚。けれど、新生活はすれ違いの毎日。お互い泊まり込みもある不規則な仕事のため、3日間も顔を合わせないことがよくありました。

共働きなのに、家事は全て私。少ない時間の中、いない人の洗濯や掃除は負担でしかありません。食事を作らされている、やらされていると感じてしまい、一年後には別居、そしてその後、離婚。

寂しいと感じるときもあったけど、人とのつながりを大切にするようになり、ひとりの時間も有効に過ごすよう心がけるようになりました。

同じ職場だったので仕事もやりにくくなり、同僚が冷たくなって軽いうつ病にもなりました。「娘が離婚したのは親も離婚したからだ」などと、私の母親を悪く言う親族もいました。

でも、自分を見つめ直し、女性であること、これからの生き方などに真剣に考えるようになれたという意味ではよかったと思います。

これからは物事をよく考え、失敗してもいいから自分の人生を後悔することなく、一生懸命に生きていくつもりです。同じ境遇にある人たちに心からエールを送りたいです。

ページのトップへ ▲

結婚前に心得ておくこと

結婚相談所の基礎知識

人気の結婚相談所を厳選

円満な結婚生活のために

離婚・再婚への準備

結婚に関する法律と慣習

結婚関連の重要用語集

スポンサードリンク

Copyright © 2006 結婚相談所のプロ直伝!結婚したい女性と男性のためのネット無料講座. All rights reserved
Sitemap