結婚関連用語:あ行

◆ もくじ ◆

アッシャー

用語の難易度 : ★★

キリスト教式の結婚式で、主に新郎の付き添いをする男性。新婦側のブライズメイドにあたります。原則として新郎側の未婚のいとこや友人が選ばれ、おそろいの衣装を着て2〜5人くらいで務めます。

結婚式・披露宴中の新郎の身の回りのお世話はもちろん、ブライズメイドのエスコートや挙式の進行サポートをしたりすることもあり、大切な役目です。洋画や外国ドラマの結婚式シーンではよく見られますね。

アッシャーの中からベストマンを選び、結婚式の中心的役割を果たしてもらうこともあります。最近はブライズメイドやアッシャーを許可してくれるところもあるようです。親しい友人に積極的にかかわってもらう式にしたいなら、事前に相談してみてはどうでしょう。

ページのトップへ ▲

アテンド、アテンダー

用語の難易度 : ★★

もともとは「付き添う、随行する」という意味の英語のattendからきた言葉。挙式中に新郎・新婦の身の回りのお世話をし、ハンカチを渡したり、手袋を受け取ったりといったお手伝いをしてくれる人のことで、介添人ともいいます。

キリスト教式の結婚パーティではアッシャー、ブライズメイド、メイドオブオナー、ベストマンなどがアテンドにあたるでしょう。

一般的には、ホテル・式場やウエディングプロデュース会社からプロのアテンドがつきます。が、アットホームな式や披露宴なら、気のおけない親しい友人たちにブライズメイドやアッシャーといったアテンドをお願いすれば、にぎやかで楽しいひとときになりそうですね。

ページのトップへ ▲

アトリウムウエディング、アトリウムチャペル

用語の難易度 : ★★★

アトリウム(英語のatrium)とは、ビルの吹き抜けになっているメインスペースのこと。ホテルのロビーなど、天井が吹き抜けやガラス張りになっているホールで行う結婚式をアトリウムウエディングといいます。

ホテルによっては、このアトリウムに祭壇を設置して挙式用のアトリウムチャペルにしているところもあります。

アトリウムウェディングには、通常の結婚式とは違った開放感やゴージャス感があります。また、結婚式の出席者以外のホテル利用者や通りがかりの人たちからも祝福を受け、見守ってもらえるオープンな明るさで人気が高まっています。

ページのトップへ ▲

色打掛

用語の難易度 : ★★

白無垢以外の色鮮やかな打掛のこと。最高位の和装なので、正式な式服として結婚式の際に着用してもかまいません。武家の女性が小袖に帯を締めた上から、さらに大きな小袖を打ち掛けて着たのが始まりといわれています。

白あるいはピンクの掛下に羽織るだけなので、白無垢のあとに手早くお色直しとして着用し、結婚式などのおめでたい晴れの日に、両方の装いを楽しむ人も多いそうです。ししゅうや織り模様が華麗であでやかな色打掛には、小物も金や銀の箱迫や華やかなものが合わせられます。

金箔、銀箔を織り込んだ唐織りや、色とりどりの絹糸で織りあげる佐賀錦織り、華麗な絵模様の友禅染、重厚な美しさの刺繍、鶴や亀、龍や鳳凰、松・竹・梅などの吉祥文様など、種類も豊富でポイントはさまざま。たくさん羽織ってみて、自分の顔に映えるものを選びましょう。

ページのトップへ ▲

インナー(ブライダルインナー)、ドレス用下着

用語の難易度 : ★

ドレスを着るときに身につける下着。一般のインナーより補整力が高いので、身体にメリハリをつけ、ドレスを美しく着こなすために、インナーは大変重要。ドレスを選ぶ前に購入し、ドレス選びの試着時に身につけるのがおすすめです。

スリーインワンは、ブラジャーとウェストニッパーとガーターベルトがひとつになった下着で、バストアップ、ウエストシェイプの効果があります。ブラジャーとウェストニッパーが一緒になったビスチェタイプも人気。和装の場合は、肌襦袢(はだじゅばん)、裾(すそ)よけ、足袋(たび)などのこと。

結婚式などで着るドレス用のインナーは、長時間つけるので、気になる体型がちゃんとカバーできるか、身体を圧迫しすぎないか、肌にあっているかなどを確かめましょう。

その上で、ドレスのデザインに適したものを選び、実際にドレスを試着した際に、ドレスにシワが寄ったり、フィットしない部分がないか、インナーが透けて見えないかなども、ちゃんとチェックしましょう。

ページのトップへ ▲

ウエディングケーキ

用語の難易度 : ★

その昔、まだお砂糖が貴重だった頃、結婚式に招かれた人がお祝いの代わりに甘いパンを持ち寄って、山のように高く積み上げたことがウエディングケーキの始まりだそうです。幸せな想いを託して持ち寄ったケーキをみんなで食べて、幸せも分かち合おうという願いが込められています。

ウエディングケーキには大きく分けて2タイプあります。ひとつは披露宴でケーキ入刀するところだけが生(なま)でできている、ゴージャスで写真の見栄えもいい大きな「セレモニー用ケーキ」。これに対して、全体が生の「生ケーキ」は、人数分にカットされ、デザート時に招待客にふるまわれます。

最近の披露宴では生ケーキが主流です。ホテルや会場でオリジナルのケーキを焼いてもらったり、お菓子作りの得意な新婦が手作りする場合もあります。また、入刀後に新郎新婦がお互いにケーキを一口ずつ食べさせる「ファーストバイト」「ファーストイーティング」という演出も人気があります。

ページのトップへ ▲

ウエディングドレス

用語の難易度 : ★

多くの女性にとって結婚式に着るウエディングドレスはあこがれですから、一生の思い出に残る、気に入った一着を身にまといたいもの。まず、購入とレンタルに大きく分かれます。

レンタルは高価なドレスを割安で借りられるのが魅力ですが、なにもかも思い通りのドレスを見つけるのは難しいかもしれません。が、最近はオーダーレンタルといって、自分サイズで作ったドレスをレンタルし、挙式後にお店へ返却するシステムもあります。

ウエディングドレス選びの際は、体型の欠点を隠すデザインを選ぶのではなく、チャームポイントを生かすセレクトを。長身ならマーメイドラインで優雅に、ぽっちゃり型ならAラインでシャープな印象に、スリムな人はボリュームのあるドレスがステキです。

同時に、会場に合ったドレスを選ぶことも大切です。たとえば、ガーデンウエディングなら思い切って肩や腕が露出したドレスでもかまいませんが、厳粛な教会式ではなるべく控え、長い裾やベールなど、ゴージャスで格調高いデザインがふさわしいでしょう。

ページのトップへ ▲

ウエルカムベア、ウエディングベア

用語の難易度 : ★★

新郎新婦の衣装をまとい、結婚式当日に大活躍してくれるクマのカップルのぬいぐるみ。ウエルカムボードの横でお客様にごあいさつしていたり、お色直しで中座しているふたりに代わって高砂席に座っていたり、ミニミニベアーはリングピローの上にちょこんと乗って大切なマリッジリングを抱えていたり、と大いそがし。

英語のベア(bear)には、クマのほかに「花や実をつける」「子供を産む」「つらいことに耐える」などの意味があります。また、家族を大切にするクマは母性の象徴ともいわれているそうで、そんな「ベア」は、幸せな結婚生活の門出にぴったりというわけです。

簡単に作れるキットも市販されているので、手作りで用意する新婦も増えています。愛らしいベアが定番ですが、最近ではウエディングドッグやウエディングラビットなどが迎えてくれることもあるようです。

ページのトップへ ▲

ウエルカムボード

用語の難易度 : ★★

式場前やエントランスに飾る、結婚式の案内ボード。新郎新婦の名前と結婚の日付がしゃれた書体で書かれたボードが、シンプルでおなじみのタイプでしょう。

が、最近は、手作りで様々な工夫が施された、個性あふれるウエルカムボードが増えています。女性に人気があるのは、スクラップブックのように写真や文字をコラージュしたものや、イラストで似顔絵を描いたもの。また、洋裁で作ったり、パソコンのスライドショーでふたりの想い出の画像を流すタイプまで多種多彩です。

以前に列席者と取った写真を一面に貼っておけば、自分の写真を探して、入り口からゲストも大盛り上がり。また余白をたっぷり取って、カラフルなサインペンを用意して寄せ書きをお願いする参加型、結婚式や披露宴でポラロイド写真を撮って張り付け、帰りに持って帰ってもらうサンキューボード変身型といった素敵な実例もあります。

ページのトップへ ▲

受書(うけしょ)

用語の難易度 : ★★

結納の際に、女性側が受け取った結納品の品目を「確かに受け取りました」と書き記し、男性側に渡す、いわば受領書のようなもの。婚約を承知いたしましたというしるしでもあり、以前は、男性側が用意した結納品の目録を確かめながら、女性側がその場で筆書きしていました。

しかし最近では、あらかじめ用意しておくことも多く、その際は事前に結納品の内容がわからないなどの理由から、男性側が準備し、女性側はその場で内容確認をして捺印するだけとし、結納式をスムーズに進めることが多くなったようです。

ページのトップへ ▲

エンゲージリング

用語の難易度 : ★

婚約指輪のこと。エンゲージリングは和製英語で、正しくはエンゲージメントリング。昔は男性が仲人や母親と選んで買ったそうですが、今や、ジュエリーは日常的に女性を飾るアクセサリー。お相手の男性とふたりで店に足を運び、あなた自身の目と心にかなう指輪を選ぶのがよいでしょう。

今でも定番はダイヤモンドで、婚約指輪のほとんどを占めるそうです。が、贈られた後にしまい込んでしまわないように、気軽に着けられるシンプルなデザインや、結婚指輪(マリッジリング)と組み合わせられるものが好まれています。清楚で品のある真珠も人気上昇中とのこと。

気に入った指輪が見つかったら、必ず指にはめてみましょう。写真やケースの外から見たときと、実際に自分の指にはめてみたのとでは、かなり印象が違う場合があります。指や手がきれいに見えて、あなたらしい婚約指輪をじっくりと選んでください。

ページのトップへ ▲

お色直し

用語の難易度 : ★

和装から白いドレス、白いドレスから色のついたカクテルドレスへというふうに、結婚披露宴の途中に衣裳を着替えることで、この風習は日本だけのもの。元来は、白無垢などの式服から、色の付いた華やかな打ち掛けやドレスに着替え、婚家の家風に染まるという意味合いがあったそうです。

白無垢も色打掛も、純白のウエディングドレスもゴージャスなカクテルドレスも・・と、せっかくだからあれもこれも着てみたい、着て見せたい、と言う気持ちもわかります。が、主役が着替えのために頻繁に退席するのは本末転倒なので気をつけて。最近の主流は、お色直し1回とのこと。

挙式が白無垢なら色打掛への着替えは簡単ですから、その後、さらにウエディングドレスやカラードレスを選んでもいいでしょう。また、挙式が白無垢やウエディングドレスでお色直しが1回なら、思い切って大胆で個性的なドレスにしてみては?

中には全くお色直しをせずに、挙式から披露宴まで純白のウエディングドレスという人も増えています。そんなときは、ティアラやアクセサリー、ブーケなどを替えるだけでも、お色直しと同じくらい違った印象を与えることができます。

ページのトップへ ▲

お祝返し

用語の難易度 : ★

親戚や友人・知人から結婚のお祝いをいただいたら、挙式から1ヶ月以内にお返しをするのが慣例です。額のめやすは俗に半返しといわれるように、いただいた金額や品物の価格の半額程度の品をお渡しするのが一般的です。表書きは「寿」または「内祝」とします。

披露宴に招待した人へは、引き出物がお祝い返しになりますから、後日、別の品物をお送りする必要はありません。

最近は、結婚式のお返しもカタログギフトが人気です。カタログが送られるだけでは、なんとなく味気ないと思うかもしれませんが、選ぶ手間や悩みが省け、いただいた方にとっても意外と便利で合理的ともいえます。お返しする相手を選んで利用するのも賢いやり方です。

お品は、感謝の気持ちを込めて先方宅へ持参するのが一番ですが、直接持参できない方には、別途お礼状を出すのを忘れずに。

ページのトップへ ▲

Copyright © 2006 結婚相談所のプロ直伝!結婚したい女性と男性のためのネット無料講座. All rights reserved
Sitemap