結婚関連用語:な行

◆ もくじ ◆

仲人(なこうど)

用語の難易度 : ★

結婚の仲立ちをする人のことで、古くは、縁結びの神である「月下老」と「氷上人」を組み合わせて「月下氷人」ともいいました。まだお見合い結婚が主流だった頃は、お見合いの手配から始まり、結納の進行、結婚式当日の媒酌人もつとめてもらったものです。

最近は結納そのものが簡略化され、家族だけで行うことも多く、仲人を立てずに、将来のお手本にしたい先輩夫婦に頼んだり、お世話になった恩師や職場の上司夫妻に仲人をお願いするカップルも多く見られます。

結婚後も正月や結婚記念日のごあいさつなど、それなりのお付き合いの継続も必要なことから、しがらみのない当日限りでお願いできる手慣れたプロの仲人に頼むというやり方もあります。

ページのトップへ ▲

仲人夫人(なこうどふじん)

用語の難易度 : ★★

キリスト教の結婚式では結婚時に証人が必要です。仲人夫人とはその役目を果たす人であり、また、新婦の介添え役も同時に行います。

花嫁のブーケをまっすぐに直したり、衣装やベールが引っかからないように持ち上げたり、と気を配ります。挙式中、常に花嫁の様子を見守ってくれています。指輪の交換時、花嫁の手袋を預かるのも仲人夫人です。いわば結婚式の黒子というべき存在です。

最も身近にいてくれる女性のため、困ったときにも一番頼りになる人でしょう。結婚式では、やはり皆が緊張するものです。そっと励まし、安心させてくれる相手がそばにいるとどんなに心強いでしょう。仲人夫人とは、挙式前から親睦を深め、信頼関係を築いておきたいものです。

ページのトップへ ▲

生ケーキ(なまけーき)

用語の難易度 : ★★

カットの部分だけが本物の見せかけの巨大ウエディングケーキではなく、小ぶりでも本物の生ケーキに入刀し、それを、招待客と一緒に味わいたいと願うカップルが増えているようです。

日本ではお飾りのケーキが主流ですが、欧米では生ケーキを使うのが常識です。何日も前から洋酒をたっぷりしみこませて作ったフルーツケーキをアイシンで美しく飾りつけします。一段か二段くらいが一般的で、余ったケーキは隣近所にも配られます。

生ケーキを使用する場合は、式場に頼むこともできます。そのほか、自分のお気に入りのケーキ屋で形や飾り付けを選んでオーダーしたり、あるいは自分自身で焼いたりする新郎新婦もいるようです。その場合は、使用する結婚式場が持ち込みを許可しているかどうかを確認する必要があります。

ページのトップへ ▲

二次会(にじかい)

用語の難易度 : ★

親族や会社の上司を交えた正式な結婚披露宴の後に、親しい友人だけを集めて行うパーティーのことを二次会といいます。今では当然のように二次会はとり行われていて、一次会である披露宴とあまり変わらないほど、派手になっているようです。

むしろ、気兼ねする相手のいない二次会の方が、心から楽しめるパーティーなのかもしれません。

二次会は新郎新婦の友人のひとりが発起人となって開かれるのが一般的でしたが、近頃は、結婚式場のプランの中に既に組み込まれていたりするようです。この場合、挙式、披露宴の会場からほど近い場所、あるいは同じ建物の中で行われたりするので、両方に出席する人には便利でしょう。

また、二次会は会費制を取るところが多いようですが、招待されたのであれば、ご祝儀またはお祝いの品を持参するとよいでしょう。

ページのトップへ ▲

年賀状(ねんがじょう)

用語の難易度 : ★

旧年中の礼を述べ、新年を祝うハガキのこと。年賀状は年末までに投函すると、元旦、あるいはそれ以降に相手先に届けられます。

独身時代と違って、結婚後はこの年賀状の数がかなり増えることになるでしょう。結婚相手の上司、得意先、同僚、また、親戚一同、子供がいればその恩師にも…。

年賀状の準備は早いに越したことはありません。印刷するにしても、宛名は自分でつけねばなりませんので余裕を持って取り組みましょう。また、喪中はがきが来た相手には寒中見舞いとして、励ましのお手紙を出してあげるといいでしょう。

年賀状は新年を喜ぶ便りですので、楽しんで製作したいものです。新婚の方は、おふたりの写真入りの年賀ハガキを出すと、結婚報告も兼ねることができて便利でしょう。

ページのトップへ ▲

年始回り(ねんしまわり)

用語の難易度 : ★

実家や親類、知人、仲人や先輩、会社の上司や恩師に、お正月にあいさつに行くことを年始回りといいます。元旦はどちらのお宅も家族で祝いますので、うかがうのは二日以降が礼儀です。

年が明ける前に、先方の都合を尋ねておいたほうが無難ですが、やむを得ず、直接お邪魔する場合は、玄関先で挨拶を済ませて速やかに辞去する方がよいでしょう。

また、早すぎる時間や夜遅くの訪問も考えものです。服装もお正月らしさを感じられるものが好印象を与えるでしょう。お歳暮を贈っていないお宅なら、何か手みやげなどあるとよいかもしれません。

お宅によっては年始回りに来られる側もあるでしょう。その場合は、家族そろって気持ちよくお相手し、くつろいで帰ってもらいたいものです。

ページのトップへ ▲

のし

用語の難易度 : ★★

祝儀袋の右上にかたどられている紅白の折り紙のようなものを指します。語源は薄くのして干したあわび、のしあわびの略だといわれています。

その昔、神様には必ず海のなま物をそなえたという習慣の名残りで、生もの以外を贈るとき、「のし」をつけることで、生ものの代用をしたそうです。そういう意味ですので、生ものを贈る場合は、のしは必要ありません。

のしが付いた袋や紙には、贈り物の意味(お祝い、お中元など)と贈り主の姓名を書きます。姓名は連名でもかまいませんが、目上の人から先に、以下右に並べます。

結婚時は、何かと贈り物をする機会が多いかと思います。お礼を表す言葉に、御礼、薄謝、寸志などありますが、寸志はへりくだった言い方なので、目上の人にはなるべく使わないほうがベターでしょう。

ページのトップへ ▲

Copyright © 2006 結婚相談所のプロ直伝!結婚したい女性と男性のためのネット無料講座. All rights reserved
Sitemap